保護具

吸収缶の交換基準

  • 使用中に臭気または刺激を感じたとき。(ただし、臭気,刺激の少ないガスにはこの方法は使えません。)
  • 予測した有効時間を経過した時。吸収缶に添付されている破過曲線図をもとに、使用時間を記入し、破過時間に達した時。
  • 吸気抵抗が増大し、息苦しくなった時。
  • 直結式小型吸収缶 臭化メチル用と隔離式吸収缶 青酸用は一回使用で交換する。